サックス奏者 太田剣 - Jazz Sax Player  KEN OTA  OFFICIAL SITE

- PROFILE -

太田 剣 Ken Ota サックス奏者 ( alto & soprano sax )

1970年6月15日生まれ 愛知県渥美郡(現・田原市)出身。

小学校でトランペット、中学校でテナーサックス、高校でアルトサックスを手にし、
雲井雅人氏にクラシック奏法のレッスンを受ける。早稲田大学でロシア文学を学ぶ傍ら、
ジャズ奏法を池田篤 氏に師事。渡米してケニー・ギャレット、ビンセント・ハーリングにも師事する。

大学卒業後、国内ジャズ・シーンで頭角を現し、大坂昌彦(ds)カルテットのメンバーとして活躍。
その後、TOKU(vo,flh)、小沼ようすけ(g)、Tommy Campbell(ds)、小林陽一(ds)らのバンドにも参加。

2006年にCD”Swingroove(スウィングルーヴ)”でユニバーサル・ミュージックより
メジャーデビュー。Jazzの名門『Verve(ヴァーヴ)』レーベルからCDをリリースした
サックス奏者としては、渡辺貞夫に続いて日本人2人目となる。

同年、日豪交流年に際し、日本人とオーストラリア人のジャズミュージシャンで結成された
日豪混合バンド『Japan-Australia Jazz Orchestra(JAJO)』に招聘され、
日本&オーストラリア両国のツアーに参加。シドニーのオペラハウスでの演奏も好評を博す。
また2017年にはロシアの『Sakhalin-Hokkaido Jazz Festival』に招聘され、
ユジノサハリンスクのチェーホフ劇場に自身のグループで出演を果たす。

Jazz Vocalist安富祖貴子のCDプロデュースや、矢沢永吉、平賀マリカ、畠山美由紀など
シンガーのライブサポートなど、ジャンルを問わず幅広く活動している。

2013年より故郷、田原市の「渥美半島ふるさと大使」に就任。

サックス奏者 太田剣

- 使用楽器 & セッティング -